2011年11月01日

ラッピング・のし掛けおまかせ!ギフトイットでは100%自社スタッフが作業します。

スタッフ446です。本日も順調に腹を減らしております。

ブラックさんが表紙デザインを担当した「モニモ2012卓上カレンダー」がたいそう売れていますが、446が表紙デザインを担当しました「名入れ卓上カレンダー セブンカラーズ」も負けていません…!
おかげさまで大好評!こちらも初回生産分は完売!しました!
ありがとうございます!
現在、次回入荷の調整中です。お待ちくださいませ。
★カレンダー・ダイアリー取扱商品一覧


さて、今回はギフトイットでの包装に関して少しご紹介します。

ノベルティ・販促品の会社はたくさんありますが、包装・のし掛け、検品・袋入れなどの内職は外注に出すところも多く、外注ではあまり丁寧に作業してもらえなかったりすることもあるようです。
大事な記念品を注文して、包装がきたなかったら、がっかりですよね…バッド(下向き矢印)

ギフトイットではほぼ100%自社で包装作業をおこなっています!
包装・出荷業務を専門に行うチーム(社内では「ラッピング隊」などと呼ばれています)があり、毎日たくさんの商品を包装・のし掛け・出荷しています。
自社スタッフともなると、お客様への思い入れはもちろん外注より深いわけですぴかぴか(新しい)
包装が雑だ!などの理由でお客様からお叱りを受けたことは、ギフトイットでは今まで一度もありません。
どこよりも丁寧に、綺麗に仕上げます!


↓こんなところで作業しています。ギフトイット社内を若干公開!

01.jpg
【1】「ラッピング机」とスタッフが呼んでいる作業スペース。
ギフトイット社内の一角にあります。周囲に段ボール箱など色々積みあがっていますが、すべて出荷待ちの商品です。
ちなみに…右端のかなり必死そうなひとが446です。
446は包装スタッフではありませんので、包装作業が混み合っている時だけこうして手伝いますが、手伝ってるんだか邪魔してるんだか…たらーっ(汗)

04.jpg
【2】446必死です。写真は速そうにブレておりますが、まったく速くはありません。
でも本当に、残像しか見えないほど超高速包装(しかも綺麗)ができるスタッフもおります。
そばにいると訳もなく謝りたくなるくらいの速度です。

06.jpg
【3】丁寧に包んでいます。
角をピシッと決めることで、仕上がりの美しさレベルが上がるそうです。
ギフトイットの包装スタッフは現在全員が女性ですが、結構、力が要ります。446は手伝った翌日にほぼ必ず筋肉痛になるほど(←運動不足)。
力余って、包装紙を何度も破ってしまったりもします。

03.jpg
【4】包み終わると、ギフトイットでは最後の部分はシールで封をします。
他社さんではセロテープ留めだけというところも多いようです。
きっとこんな小さな部分で差がつくのです!大事!ひらめき

05.jpg
【5】のし掛け。
表書きなどの書き方がわからない場合はお気軽にご相談ください。
のし紙は、通常特にご指定がなければ内のし(包装紙の内側にのしを巻く)とさせていただいています。外のし(包装紙の外側にのしを巻く)ですと、配送中にのし紙が傷み破れてしまうことも多々あるためです。
外のしをご希望の場合は、万が一破れたりしてしまった時のために、予備用のし紙を数枚同梱させていただいております。

02.jpg
【6】出荷待ち。綺麗に仕上がりました!
ちなみにこの包装紙は「フラワーカクテル」です。華やかなお花柄ですので、周年記念品やお店などのオープン記念品にぴったり。


※「卒業記念品・卒園記念品特集」のページでも、ラッピング風景を少しご紹介させていただいているコーナーがあります。合わせてご覧ください。
今回のブログの写真は、その時のボツ写真を中心にセレクトしてみましたパンチ


包装・のし掛けは作業代が別途必要です。すみませんが…
商品がお決まりでしたらお見積り依頼ください。
「包装はせずに包装紙を添付するだけにして欲しい」
「自社で用意した包装紙で包んで欲しい」

…などのご希望にももちろんご対応可能です。
何でもお気軽にご相談くださいませ!

今後もおすすめ商品や特集のほか、ギフトイットのことも時々ご紹介したいと思います。


------
年末のロックフェスのことを考えると胸がどきどきする446でした。
とりあえず、もうすぐおやつ食べます(空腹)
では、また次回お会いしましょう(*^o^*)ノシ



※ご紹介した商品の内容は2011年11月1日現在のものです。
内容が変更になっている場合がありますので、詳しくはギフトイットのサイトをご参照ください。
●ギフトイット・ノベルティTOPページ
posted by ギフトイット at 18:05 | TrackBack(0) | 会社紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック